特別企画「野村芳太郎『背景天皇陛下様』を歩く」


中島遊郭は映画、野村芳太郎監督『拝啓天皇陛下様(wikipedia)』(1964年、松竹)に登場します。

映画撮影は売春防止法施行から6年しかたっておらず、当時の貴重な遊郭の景色が収まっています。

映画シーンと現在を対比してみたいと思います。

主人公の渥美清と長門裕之が中島遊郭へ遊びに来たシーン。
vlcsnap-2011-12-18-22h40m42s166.png

下記は映画シーンの奥手、つまり逆方向からの撮影。なんとこの建物は現在も雰囲気そのままに残っていました。やり手婆右手の緑色の暖簾のある位置が玄関。玄関に向かって右手の格子脇に入ったスリット状の装飾、垣根、全くそのままの状態。屋号は「ふくだ」でした。
IMG_6354.jpg

IMG_6355.jpg

西中島から東中島の対岸が収められたシーン。川岸ギリギリまで迫っている遊郭が見えます。
vlcsnap-2011-12-18-22h43m10s87.png

渥美清が東中島遊郭へ向かうシーン。左に番小屋(?)奥に鳥居が見えます。
vlcsnap-2011-12-18-22h44m43s37.png

Google Street Viewで同じアングルを見る。
ストリートビューで撮影時には番小屋、鳥居が残っていました。
cameraroll-1324216730.846924.jpg

遊郭部が撮影した2011年12月には番小屋と鳥居は無くなっていました。
IMG_6382.jpg

多くの景色が残っているものの、少しずつ確実に失われているようです。映画ではより広範囲の中島遊郭を観ることができます。是非、ご覧になってみてください。(Amazonへ

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA