青森県八戸市川:桔梗野遊郭(?)4「どうみても“桔梗野”です。本当にありがとうございました」


前項から引き続き探索。

看板建築らしきものも残ります。
DSC03784.JPG

界隈唯一のキャバクラ「LOCO」
DSC03789.JPG

入り口に写真があります。写真制の陰店ですね。
DSC03788.JPG

ちょっとずつお色気成分が増してきました。

今回の桔梗野探索における大本命、旅館「富士」に向かいましょう。スナック街の中心に位置する旅館ですからね。ワクワク…。

見えて参りました。「ビジネス旅館」とな?!このようなスナック街に仕事で来ることなんてあるんでしょうか…。
DSC03749.JPG

看板。下の看板はかなり古そうです。
DSC03750.JPG

概観。左手半分は飲食店を併設していたような造りです。今はやっていないようです。
DSC03785.JPG

玄関。鳩の街で見かけそうな緑&ベージュのタイル張りです。本当にありがとうございました。
DSC03752.JPG

続いて駄目おしいきますよ!

さらに奥に向かいます。スナック密度が高まってきました。ややっ?!奥に…。
DSC03753.JPG

アーチです。その名も「ギオン通り」…。本当にありがとうございました。
DSC03757.JPG

道路側からスナックストリートを眺めます。
DSC03780.JPG

ご丁寧に振袖看板も付いています。露骨に電球がまろび出ています。夜になるとピカピカしよります。本当に本当にありがとうございました。
DSC03781.JPG

スナック街、旅館、アーチ…。揃うべきものがそろった感がありますね。
DSC03758.JPG

ここにアソビ場があったのかは不明ですが、前項で触れた殿山泰司氏の著作に掲載されている『桔梗野』であることは、ほぼ間違いないと思います。そしてその場所はこんな状態でした。いや~探せばまだまだあるものですね…。

30分探索モードですが、かなり満腹になってきました。

今度は道路を挟んではす向かいのスナック密集地帯へ向かいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA