山形県東置賜郡:高畠町遊郭10「アーチ&3Dタイル物件」


追加取材の続きです。
前項で旅館エビスヤが全国遊廓案内で言うところの恵比寿楼であること突き止めました。
同著、全国遊廓案内に記載されているもう一軒の妓楼「椿楼」を探す前に見ておきたい物件があります。

旅館エビスヤの斜向かいを進む細い路地。この辺り

こちらのとある物件です。
こ、これは…!アーチ!!!!
DSC00619.JPG

扉からちょっと覗いてみました。は、はうぁあ…!!
DSC00617.JPG

タイル!金沢石坂遊郭跡を思わせる配色と配列!
緊急スクランブルであります!

このまま終わってしまうと、ただの覗きなので、お住まいの方にわけを話して、中にあげていただき、玄関内の撮影許可を頂きました。
DSC00613.JPG

DSC00616.JPG
おおお!やはり3Dのようなこの配列は、石川県金沢は石坂遊郭で見かけるものと相似しています。

お住まいの方に伺ったところ、こちらの物件はかつて医者だったとのこと。
その物件を借りてお住まいだそうです。

旅館エビスヤに近在しているので、すわカフェーか?!と、かなり焦りましたが残念ながらこちらは遊郭とは無関係でした。
ただ、もしかしたら検黴所(女郎・娼妓たちの検診所)と関係があったの可能性も。そのことを家人の方に伺いましたが、なにぶん借家なので不明でした。

なぜこんなところに、モダンな医院が…そしてタイルで装飾されているのかまったくもって不明です。
ご存知の方がおられましたらご一報を。

いづれにせよ、かなり赴きのある建物には違いないので、是非、可能な範囲で残して欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA