山形県東置賜郡:高畠町遊郭11「椿楼」


今回は前項で元恵比寿楼、現旅館エビスヤのご主人から伺うことのできた、もう一軒の「椿楼」を探してみたいと思います。椿楼は全国遊廓案内に掲載されている、高畠遊郭にあったとされる恵比寿楼と、もう一つの妓楼です。

ご主人から聞きだすことのできた情報をまとめると以下

  1. 場所は北目(キタメ)。川の向こう
  2. その家系は今は医者を開いている

一つ目のヒントである「北目」を探していきます。
口頭だったので、まずは漢字を確認しました。「キタメ。漢字は北に目ん玉の目」と仰ったので聞き間違いの可能性は排除しました。

北目(キタメ)を探します。マップを見てみましょう
あっさりと見つかります。旧高畠駅や前項の旅館エビスヤとの位置関係も載せておきます。
map1.png

地図のまん中辺りに旅館群があります。この辺り。こちらとの混同を防ぐため、念のためにご主人に伺いましたが、「ここでは無い。違う」とのこと。
明確に「川向う」と仰いました。つまり、地図上ではさらに北になります。

二つ目のヒントである医者(もしくは医院)。
候補は2つあります。

  • 登坂医院
  • むらかみ歯科医院

ここから先は推論になりますが、おそらく「歯科医院」であれば地元の方は、普通に「歯医者」とでも呼ぶでしょう。
「登坂医院」に仮定しました。

ここに向かってみましょう。

こちらです。
DSC00631.JPG

もう少し近づいてみましょう。
DSC00626.JPG

空き地となっていました。
既に登坂医院は廃業、さらに更地化していました。

しかし、いずれにせよ疑問は残ります。この場所は街の繁華街から離れています。この場所に妓楼が有ったとも思えません。

次項ではもう少し追いかけてみます。

  • 場所:割愛
  • 訪問日:2012年7月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA