【廓メシ Vol.8】喫茶:「すぴーく」でモーニングを召す


遊郭跡界隈の飲食店をレポートする当企画。本来であれば吉原遊郭を中心としてレポートしているのですが、第8回目の今回は出張企画として高知県同市に存在する玉水遊郭跡近くの飲食店をレポートします。

喫茶「すぴーく」です。
IMG_7324.jpg

ここで玉水遊郭とすぴーくの位置関係を把握しておきましょう。

地図の下側(南)が元遊郭である旅館群。そしてすぐ北側にすぴーくがあります。隣接しているといっても良いくらいの距離感。
tamamizu.png

玉水遊郭の写真もちょっとだけ。
IMG_1240.jpg

豆タイルもあります。
IMG_1226.jpg

玉水遊郭のレポートもいずれまた…。

開店時間より15分ほど前倒しで入れていただきました。
お邪魔します。

がらがらがら…。

お!招き猫が2匹wwwwww
IMG_7310.jpg

このネコ様、名前を伺い忘れてしまいましたが、絵に描いたような正しい姿勢。ネコとしてあるべき姿勢であります。ネコってなで肩なんですね。一気に親近感が沸きます。
IMG_7313.jpg

目つきが鋭い…。でもホッペを撫で撫ですると擦り付けてきてくれました。うひひ…。


さて、ともかくモーニングをいただきましょう。
IMG_7318.jpg

定番のサラダは分かりますが、右上のスープらしきものは何でしょうか?

具も食べてみましたが、食べたことのあるような無いようなスープの味…。
具をすくってみます。

瓜系のようですが…。
IMG_7321.jpg

女将さんに伺ったところ、茄子の味噌汁だそうです!
道理で知っているような味がしたはず。言うなれば茄子の味噌スープですね。茄子スープとトーストが合うのか?と聞かれたら正直、少し迷います。とはいえ、朝から飲みたいコーヒーと味噌汁をゴクゴクできるのは確かに理に適っています…。

モーニングで味噌汁が出てくるところは初めてです。高知ではデフォルト味噌汁付きなのでしょうか??高知の方、是非教えてください。

肝心の店内はこんな感じ。
ロゴがいい感じ。
IMG_7322.jpg

もう一枚パチリ。
ネコ先輩、見切れてるっすwwwwwwwwwww
IMG_7317.jpg

おまけ。おっきな欠伸。
IMG_7309.jpg

この後すぐにネコ様は朝のパトロールに外出されました。

玉水遊郭お越しの折は喫茶「すぴーく」をご贔屓に…。

「【廓メシ Vol.8】喫茶:「すぴーく」でモーニングを召す」への8件のフィードバック

  1. 初めまして。

    高知市内の主要書店で、昭和51年の高知市内を撮影した写真集が販売されてますが、玉水町のページには、現在と異なって道の両側とかが転業旅館で埋め尽くされいた状況が確認出来、しかも現在なお「営業中」の転業旅館の一部は当時から同名である様である上に、現在では「カフェー」の鑑札も生々しい飲食店跡廃墟の前身も明らかとなった、実に貴重な資料となり得ると思います。

    1. 情報ありがとうございます。
      道の両側に旅館があったこと、地図などで承知していたのですが、
      写真は見たことがなく、ずっと気になっていました。

      宜しければその本のタイトルご教示頂けませんでしょうか?

  2. 有り難う御座います。

    件の写真集に就いて、細部申し上げます。

    [タイトル]
    昭和51年を歩く
    高知市拾遺集
    武吉孝夫写真集

    [発行時期]
    平成26年4月10日

    [発行者]
    高知市の記録刊行会
    〒786-0012
    高知県高岡郡四万十町北琴平町4-1
    写真のたけよし内

    [定価]
    ¥2,100(本体¥1945)

    玉水町の状況が掲載されているページはP22~24の間と少ないのですが、何よりも戦争末期の高知市大空襲の被害を免れた地区だけに、少なくとも同写真集発行時点では明らかに玉水新地当時の遊郭以来の妓楼が、例えばCabaret のネオンサインを掲げた赤線の特殊飲食店的なものとして営業していたのもあり、非常に貴重な資料だと思いますます(いずれにせよ、戦前からの屋号は不明)

    因みに昭和20年7月の高知市大空襲では、西は大体現在の上町五丁目辺り、東は同じく葛島辺りまでが灰塵に帰して居り、当時の玉水と並ぶ県内有数の歓楽街である下知新地が二度と復活しないまま住宅地等となったのは、御承知の通りであります。

    1. 諸々ご教示頂き、ありがとうございます。

      調べたところ、幾つかシリーズが刊行されているようで
      玉水は「高知市中心部の西」のようですが、どうでしょうか?

      1. 有り難う御座います、

        例えば玉水町北側にある晩酌道場が、とさでん交通伊野線の旭町一丁目前にある様に、市内中心部の西であれば、御指摘の通りだと思います。

        また写真集以外にも、同様に市販されて居る昔の高知市地図には、不明瞭ながらも玉水町妓楼の屋号が掲載されて居る可能性があります(これについては、判明次第お伝え致します)

        1. お返事遅くなりました。
          ご教示くださりありがとうございました。

          ネットで調べた限り、「高知市中心部の西」はどうやら売り切れのようで…。
          別な入手方法がないか引き続き調べてみます。

          晩酌道場の建物、イイですよね笑

  3. 有り難う御座います。

    「晩酌道場」の最寄り駅は、とさでん交通伊野線の旭町一丁目電停ですが、其処を含む高知市旭が中心部の西であれば、玉水町も該当すると思います。

  4. 初めまして。昔、玉水町の近くに住んでいた元高知県民です。
    小学生の頃は何も知らず普通に自転車で行き来していたのですが、今考えると、車の往来には不便な小さな坂道(実際事故が起こりやすい場所です)、よく見てみると坂の手前には「志あんばし」と書かれている小さな小さな橋。「経営成り立ってんのかな」とお節介ながら心配してしまった旅館やスナックの数々。僅かながら面影はあったんだな、と…。
    宗教施設は近隣にありませんが、近くに小さなお社がコンビニの敷地内に建っています(昔は電気屋さんでした)
    30年程前までは近辺に闇市のアーケードや古い映画館があったりとなかなかマニアックな場所でしたが、現在は開発や店の入れ替わりも進み、玉水町のいくつかの建物も取り壊され新しい民家やマンションが建ち並んでいます。
    現在数日帰省しているのですが、チラ見した限りどうやら現存している旅館さんは赤いランプが灯り玄関で誰かが座っていたりと「現役」のようです…。
    あ、高知の喫茶店のモーニングではほぼ確実にお味噌汁がつきますよ。老舗の喫茶店だと特に。赤だし系が多いかなと思われます。
    長文になり失礼致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA