青森県鰺ヶ沢:新地町遊郭18「明治5年の売女取り締まり」


今回は鰺ヶ沢町史を見ていきます。

鰺ヶ沢町史 第2巻から引用(1984年)。前項で見損なった鰺ヶ沢町史とはやはり別物のようです。
IMG_5420.jpg

第1編 町の移り変わり (8)その他から引用します。
IMG_5421.jpg

(8)その他
1 売女取り締まり
明治五壬申(筆者注、1872年)9月21日鰺ヶ沢出張所(警察出張所の意味か)が、売女の調査をして取り締まっているがその要旨は、芸者あるいは洗濯女とその他飯盛類などの名で、女を抱えて遊女と同じような行為をさせている者があるが、以後はこのような行為をしてはならないといった内容であった。このときの調査では次のようになっている(『沼家文書』)。

ajigasawa5.png

表は改めて組みなおしてみました。
取り締まったのは遊郭以外の私娼でしょう。
洗濯女、飯盛女とおなじみの名目で私娼を抱えていたようです。

年齢は20から27歳まで。深浦にいたっては37歳もいるのが驚きです。当時の37歳というと相当老け込んでいたことでしょう。
出身地は地元七ツ石から弘前鍛冶町に至っています。ちなみに弘前鍛冶町は今も歓楽街です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA