『東京街娼分布圖』(昭和27年)復刻のお知らせ


街娼の季節が来た!
腋の下まで覗けるようなシミーズ、シミまでわかるブラウスの悩ましさも、まさに初夏…
IMG_9532

むせ返すほどに扇情的な文句が踊るこの資料、東京都内の主要な街娼の出没地域を総ざらえした、あまりにも型破りな記録です。

タイトルは『東京街娼分布圖』。(復刻発行:カストリ出版

昭和27年、カストリ雑誌の誌面を飾ったこの記事は、有楽町、新橋、上野、浅草、新宿、池袋、成増他、これらの街に出没する街娼たちの生態と、その舞台となった街を捉えた史料です。
IMG_9545
敗戦から10年に満たず、未だ混乱の残る街を彷徨する街娼たち。それら街娼には出没地域ごとに異なる〝女の味〟があったと言います。上野には乞食同然の破れモンペを穿いた女も居れば、新橋には進駐軍を主な売笑客とする華やかな原色の衣裳に身を包んだ女も。記事中には、女たちによる誘いの手口遊興費交情場所、街娼たちの縄張りダンピングの手引きすらも掲載されています。

この記事にはまさに田村泰次郎『肉体の門』の世界があります。
[pe2-image src=”http://lh6.ggpht.com/-w3qLnwiw5ho/VOWFAO2sIFI/AAAAAAAAXZU/5nloszeGJzQ/s144-c-o/%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A7%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%252588%2525202015-02-19%25252012.38.34.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/111398820041318431637/uuWqIL#6117441907886661714″ caption=”スクリーンショット 2015-02-19 12.38.34.jpg” type=”image” alt=”スクリーンショット 2015-02-19 12.38.34.jpg” pe2_single_image_size=”w420″ ] (田村泰次郎原作・五社英雄監督『肉体の門』より引用)

バラック建てで拵えられた闇市マーケット
[pe2-image src=”http://lh6.ggpht.com/-HUJ4EHtYbLc/VOWEpeiPgQI/AAAAAAAAXZE/kUk61dVTg-I/s144-c-o/%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A7%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%252588%2525202015-02-19%25252013.18.06.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/111398820041318431637/uuWqIL#6117441516958875906″ caption=”スクリーンショット 2015-02-19 13.18.06.jpg” type=”image” alt=”スクリーンショット 2015-02-19 13.18.06.jpg” pe2_single_image_size=”w420″ ](同映画より引用)

輪タクでパンパン宿に連れ込むまでもなく、その輪タクすら交情場所とする街娼
[pe2-image src=”http://lh3.ggpht.com/-2rJs0xHmZ4k/VOWEouy3MXI/AAAAAAAAXY0/Rodlp9A5eGo/s144-c-o/%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A7%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%252588%2525202015-02-19%25252012.51.36.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/111398820041318431637/uuWqIL#6117441504143683954″ caption=”スクリーンショット 2015-02-19 12.51.36.jpg” type=”image” alt=”スクリーンショット 2015-02-19 12.51.36.jpg” pe2_single_image_size=”w420″ ](同映画より引用)

[pe2-image src=”http://lh4.ggpht.com/-lEWRiomv7w8/VOWEn4Lz77I/AAAAAAAAXYs/d9Ze4KG4iVc/s144-c-o/%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A7%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%252588%2525202015-02-19%25252012.45.36.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/111398820041318431637/uuWqIL#6117441489484378034″ caption=”スクリーンショット 2015-02-19 12.45.36.jpg” type=”image” alt=”スクリーンショット 2015-02-19 12.45.36.jpg” pe2_single_image_size=”w420″ ](同映画に描かれる〝1トン爆弾〟。同映画から引用)

附図された地図には、「街娼」、「男娼」、「洋パン(外人専門パンスケ)」、「ポンビキ」など、種別ごとにプロットするこだわりよう…。
IMG_9547

いまや多くの地点では街娼のいた時代の名残は失われつつありますが、例えば当該史料に登場する新宿駅南側に位置する〝旭町〟(現在は新宿4丁目界隈)については以下と記述があります。
IMG_9535

客を伴う場所は、主として旭町周辺の旅館である。人も知る安宿街だが、今では温泉マークの電機看板を掲げた小綺麗な旅館もある

そして現在の旧旭町には、その名残と思われるドヤも僅かに残されています。
1093754_491540427603475_1635165297_o

付録として『当代街娼隠語豆辞典』も収録しました。街娼たちが用いた符牒・隠語。官憲のキャッチ(検挙)から逃れ、また仲間内だけに通じる会話によって、明日どうなるかも分からぬ浮き草稼業の女たちが連帯感を高めていたのかも知れません。
IMG_9536

今回は装幀にも手を加えてみました。当時のカストリ雑誌は紙は劣悪、活字も欠けたような粗末な造本でした。今回の資料の造本にも、実は本来は印刷物に用いられるものでは無く、梱包用の緩衝材として用いられている紙を使用しました。非常にザラついた無骨な紙です。製本は泥臭く糸綴じとしました。
IMG_9544

IMG_9542
(表紙はグラシン紙カバー、ピンク糸綴じ)

いまや消えつつある色街の残滓。残された僅かな時間に、この資料が色街研究の一助となることを期待したいと思います。

書誌情報

・題号:『東京街娼分布圖
・原著編:人間探究編集部
・復刻編:渡辺豪
・発行:カストリ出版
・仕様:A5変形 / 15ページ / 中綴じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA