福島県三春:庚申坂遊郭3「遊郭入口」


やっとこさ遊郭の入り口までやってきました。
やはり歩幅が平均的成人男性サイズとはいえ疲れますね。2.6km。

お。和菓子屋さんですよ。昭進堂。
IMG_2256.jpg

「滋味あふれるばかり 柏もち」
まぁこれから妓楼を見に行くので滋味補給した方がいいのか迷うところですね。
柏餅は子孫繁栄の縁起物といいますし…。
IMG_1961.jpg

滋味あふれちゃってる柏餅の隣に石標が。
せり場とな。もうちょっと近づいてみましょう。
IMG_1964.jpg

何やら書いてあります。引用します。
IMG_1965.jpg

この地は、三春せり市場として付近には馬宿を兼業した商家や遊郭があり大いに繁盛した。三春藩は名馬の産地でした。

だそうです。しっかり遊郭に触れていますね。よすよす…。
なーるほど。せりがあれば、当然浮わついた雰囲気が醸成されますよね。来たついでに熊さん八っあんが、遊んで行く…ってなコースですか。
当時の賑わいが目に浮かびますね。

IMG_1966.jpg
この石標があるので、間違ってこの方向へ進んでしまいましたが、弓町の遊郭跡は石標と反対側です。いつもは地図を進行方向に向けるなんて、良く慣れた遊郭歩きにあるまじきことはしないのですが、スマホの向きをグリグリしてやっと確かめましたよ。ドキドキしてるのね…。

さて、こちらです。
少し傾斜が付いていますね。いかにも隔離します…ってな雰囲気。この時点で既に相当ドキドキしてます。
何やらこちらにも石標がありますね。電信柱の根元あたりです。近づいてみましょうか。
IMG_1967.jpg

弓町キタコレ。
案内も書いてありますよ。
IMG_1969.jpg

引用します。
IMG_1968.jpg

「御先弓組」「御持弓組」といった組織の人員が居住していました。

おっとこれまた…。
先のせり跡の説明は生き生きと描かれていたのに、いきなり寡黙になっちゃいましたね。「御先弓組」「御持弓組」とか唐突に書かれても何の事やら。流石にダイレクトに「遊郭跡」と書くのは躊躇った跡が透けて見えますね…。
やっぱり色々と難しいのでしょうね。

まぁ、気を取り直してゆるゆると坂を上っていきましょう。ドキドキ…。
IMG_2257.jpg

ふおぉ?!何か見えてきましたよ…!
IMG_1970.jpg

ドキドキが止まりません…。こんな事なら滋味つけてくれば良かった。
結局あふれちゃうんでしょうけどね…。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA