徳島県同市:秋田町遊郭8「お爺ちゃんに聴き込み」


今回、早朝撮影していたら、お散歩中の古老がおられましたので、勇気を振り絞ってお話ししてみました。
Q&A式に纏めてみます。

方言は間違っていると思いますが、ニュアンス程度に…。

 

Q:「ここって遊郭ですか?」

A:「うん。秘密やけどなw夜来たらな、あれや、ピカピカてな。」「旅館にはえらいベッピンさんが居るらしいってのは聞いた」
ペッピンさん云々はいつのことかは分かりません。50年前かもしれません。ちなみに遊郭部は昨夜あぅあぅ言いながら逃げだした旅館です…。お爺ちゃんにとっては、なにやら旅館のインパクトが強かったらしいです。

 

Q:「昔から遊郭なんですか?」

A:「うん。昔、山の上に軍隊がおってな。わしの兄貴は重いリュック背負って、何度も階段を上り下りする訓練させられたんだで。」
話がだいぶ逸れてます…。でも「軍隊あるところに遊郭あり」のセオリー通りです。
「階段」とは金毘羅神社の参道だと思われます。

 

Q:「お父さんはここに来たこと無いんですか?」

A:「う~ん。まぁ無いというか…。友達に付き合わされて来たことはあったかもしれんなぁ…。でも2,3回とかかな。旅館にはベッピンさんがおるゆう話やで」
ループしていますが、これも大事な聴き込みです。何度も話す中から記憶が復活することもあれば、証言のズレから事実確認のヒントが出てくることもあります。なので気にせずたくさんお話するようにしています。
お爺さんが昔来たのは、たぶん旅館ですねwwwww。くっそ楽しくなってきましたwwwwwwwwwww

 

Q:「本当に2,3回だけなんですか?www」

A:「うん。友達に無理やり誘われてな…w。本当は来たくなかったんや。顔にベタベタ塗りたくってな。わしは好かんねん。小説とかな、本で読んでる方が、わしは好きや!w」
あまり来たくなかったそうです。でも複数回来ているそうです。

 

Q:「この近くに銭湯ありましたね。(橘湯のこと)」

A:「うん。若乃花も来たんやでw。ここの遊郭は秘密だけどな」

まさか、若乃花の話で遊廓談義が締めくくられるとは思ってもませんでした。千代の富士もそりゃ脱臼します。

 

とまぁ、とりとめのない話をしつつ、楽しい時間を一緒に過ごさせてもらいました。
遊郭はあまり好きではなく、本で読んでいる方が好きなお茶目なお爺ちゃん。

数年前、膀胱ガンを患ったそうですが、そうは思えないほどお元気でした。

「まぁ。本でも出せるよう研究してくださいっ」と言いながら肩をポンッと叩かれ、お別れしました。

お爺ちゃんもお元気で…。

  • 場所:Google Mapで開く(おじいちゃんと会ったところ)
  • 訪問日:2012年3月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA