北海道森:森町遊郭1「全国遊廓案内から引用」


全国遊廓案内(全国遊覧社、1930年)から引用します。

森町遊廓は北海道芽部森町字内浦にあって、函館本線森駅下車、東へ約1丁の地点にある。
昔はここも宿場で飯盛女が盛んに跋扈していたものであるが、法令によって女郎屋となり更に遊廓と変化したものである。現在貸座敷業は5軒あって娼妓は20人いる。
制度は全て東京式で居稼ぎ制であり、写真制であり、廻し式である。遊興に甲乙の2種あって、甲は本部屋で3円90銭であり、乙は廻し部屋で3円という事になっている。これがここの御定まりで、これ以外に遊び方は無い。無論お銚子が付くはずである。遊興税は消費高の1割である。ただしチップは含んでいない。時間制というのは短時間遊びの事で、1円4、50銭見当だ。妓楼は、観月楼、梅香楼、千葉楼、松月楼、等である。ちなみにこの辺は松前追分節が盛んである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA