東田遊郭に泊まってみた・愛知県豊橋『新宝光』


元遊郭(妓楼)に泊まってみました。
愛知県豊橋に遊郭跡があります。東田仲の町遊郭です。ここは現在もかつての妓楼群が建ち並んでおり、旅館として転業したようです。

旅館として転業したものの、現在も営業してるのか分かりません。初めて訪れたのは2011年11月。玄関先から中を拝見すると、ものすごい内装になっています。もう気になって仕方がありません。

恐る恐る新宝光さんに伺ってみると、なんと泊めて頂けるとのこと。ただし、土日はNGで平日ならOKとのこと。

というわけで、万障お繰り合わせの上、2012年8月、元遊郭(妓楼)に宿泊してきましたよ。レポートします。

 

着いたのは21時過ぎ。豊橋鉄道東田本線「競輪場前」が最寄り駅。「買う」と「打つ」が隣接しています…。風情…。
IMG_4268.jpg

この通り元妓楼が建ち並んでいます。(翌朝撮影しています)
DSC01748.JPG

では入ってみましょう…。

うぉおおおおお!!!!!!!なんという空間でありましょうや…。銘木奇木がこれでもかというほどふんだんに使われております。
DSC01633.JPG

階段は2叉となっております。手摺が曲げ木の銘木になっているのが分かりますか?壁も緑色です。
DSC01682.JPG

今回、遊郭部が通して頂いた部屋はこちら。「松風の間」でございます。入口には格子が。
DSC01699.JPG

そしてその先には玉石を敷いた洗い出しが。
IMG_4278.jpg

開けますよ…。ワナワナ…。
IMG_4277.jpg

うわー!
DSC01631.JPG

天井にはやっぱり銘木が。
DSC01671.JPG

さて。新宝光さんにはもっとすごいものがあります。階段を上がると真っ先に見えるのですが、敢えてスルーしました。

 

太鼓橋です!!ちょwwwwwwwwww
DSC01670.JPG

なんと室内に太鼓橋があるのです。
DSC01629.JPG

そしてこの空間…。
DSC01675.JPG

DSC01677.JPG

この空間に素泊まり一泊4000円って信じられますか…?
DSC01625.JPG

トイレもこのような状態…。オール豆タイル。お母さん、頻尿に生んでくれてありがとう。トイレにたくさん来られます。DSC01626.JPG

さて風呂に入りますか。って、ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwここもタイル!
DSC01630.JPG

 

そして翌朝でございます。遊女と同衾する覚悟で参りましたが、何事も無く夜が明けました。

モーニング太鼓橋も堪りません。
DSC01725.JPG

DSC01698.JPG

お気づきかもしれませんが、この太鼓橋の擬宝珠部分は照明になっております。女将さんに伺ったところ、もうずっと光らせていないとのこと。ソケットサイズは14Eもしくは17Eでしょうか。
DSC01720.JPG

明るいところで見るお玄関は更に見事!
IMG_2815.jpg

玄関は全てタイルです。
IMG_2833.jpg

DSC01762.JPG

上がり框。
DSC01704.JPG

アップです。
IMG_2836.jpg

玄関一つとっても至る所に細工が。
DSC01702.JPG

天井には桜の木が埋め込まれています。
IMG_2826.jpg

玄関を横から見ると瓢箪が。
IMG_2821.jpg

2叉階段の手摺がものすごい迫力
IMG_2818.jpg

中庭もありますゆえに…。
DSC01700.JPG

いやー。素晴らしいお宿でした。
DSC01746.JPG

太鼓橋の存在を教えてくれたmasamasa54masaさん、新宝光の予約をしてくれたthe_girousのメンバーさん、そして快く泊めてくださり、撮影をお許し頂いた新宝光の女将さんにこの場を借りて御礼申し上げます。

「東田遊郭に泊まってみた・愛知県豊橋『新宝光』」への10件のフィードバック

  1. はじめまして、地元の人間でも滅多にみられない貴重な画像を拝見しました、ありがとうございます。ところで、遊郭跡として訪れていただいた界隈は『新遊郭』で青線と云われていました。本来の赤線は、道一本挟んで西側に広がる新遊郭の8倍以上は大きな規模でした、残念ながら面影は全く残っていません。

    1. 東田遊郭はご指摘の通り、現在の吾妻町ですよね。今年の6月訪れました。建物は何もありませんでしたが、区画は綺麗に残っていたので見れて良かったと思います。

      仲の町は青線と呼ばれていたのですか?!

      私の認識では戦災で吾妻側が焼失。戦後、仲の町を造成し移転したものと思っていました。(結論として赤線)

      国土地理院の終戦直後の空中写真には仲の町の区画が存在しないことや、全国遊廓案内に記載されている屋号が今も仲の町側にあることの理由からです。

      ところで山本楼さんはお名前から察するに、もしかして元妓楼関係者でしょうか?

  2. 懐かしいです

    実家が旅館をしており小さな頃見馴れた光景です

    岡崎市の板屋町や松本町は行かれましたか?

    1. こんにちは。板屋町には何度か足を運びましたが、ここ1年は訪れていません。取り壊しがないか少し心配しています。
      松本町はまだ訪れてことがありません。
      知人から赤線があった旨、噂は耳にしています。
      今でも雰囲気は残しているのでしょうか?

  3. 松本町は青線というやつでしょうか?

    小さな建物が沢山残っていますよ

    常には見られませんイベントの時に料亭小花さんという以前営業していた、お店の内部を見学させてもらいました

    板屋町はそんなに開発もされない場所なので、特に変化はないかと思います

  4. 写真に引きつけられて、豊橋に来ました。
    鉄ちゃんでまあるので、路面電車まよかったです。
     この界隈をぐるっと歩きまわりましたが、それらしき建物だらけですね。
     来るまで、もう打ち壊されているのではと心配でしたが、そっくり残っていたようです。
     まったくな廃業状態でしたが、新井吹という旅館も確認できました。(お泊まりの旅館の裏でした)

  5. 岐阜県高山駅近く花岡町の旅館かみなか もこんな感じですよ。屋内はとっても綺麗になってますが、1泊朝食付きで七千円からです。

    1. ありがとうございます。ストリートビューで外観を拝見しましたがなかなか雰囲気のある建物ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA