北海道森:森町遊郭5「スナック街」


場所に当たりを付けたので行ってみましょう。
まずここに行くとスナックが異常に並んでいることに違和感を感じます。この駅前の規模では、あり得ない数です。

最初に訪れた2011年9月には、遊廓があったことを知らずにぶらついたので、変だなーと思っていたのですが、結果的にここが遊郭跡でした。

こんな建物がある訳で…。どうみても怪しいわけです。

IMG_4683.jpg

一見普通のお宅も…。
IMG_4688.jpg

奇麗な窓が。剥がれ落ちていますが、店名の跡があります。
IMG_6781.jpg

イザベラ・バードの碑があるお隣の建物。張り出したファサードが特徴的です。奥にも飲み屋然とした建物がありますね。

IMG_4685.jpg

奥はこのような風景。いきなり雪景色になりましたが、こちらは2011年12月に撮影。以降、雪景色の写真は12月のものです。

IMG_6762.jpg

反対側、つまり駒ヶ岳方向を見るとこんな景色。奥に駒ヶ岳の稜線が見えていますね。これが後々重要なヒントになるので、覚えておいて頂けるとありがたいです。

IMG_4689.jpg

いちいち気になるデザインの建物が並んでいます。

IMG_4690.jpg

こんな感じ…。

IMG_6765.jpg

民家のようで民家でない。

IMG_6768.jpg

スナックばかり羅列していますが、この間、殆ど民家が存在しないのです。

このファサードもいいですねぇ…。

IMG_6776.jpg

床屋さんがありました。近づいてみましょう。

IMG_6766.jpg

お!柱にタイルです。現役時代のものではあり得ませんが奇麗ですね。
IMG_6770.jpg

これまで来た道を振り返ってみます。右に先ほどの床屋さんが写り込んでいます。方角としては西側、森駅の方角を見ていることになります。位置はここですね。

IMG_6769.jpg

さて、だいたいのスナック物件を見終わりました。これだけではスナックの異常に多い街として片付けられてしまいます。次にここが遊郭跡である証拠を見ていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA