香川県高松:八重垣遊郭2「全国遊廓案内から引用」


遊郭跡に辿り着く前に、「全国遊廓案内」(日本遊覧社、1930年)で予習しておきましょう。

以下、引用抜粋です。(句読点のおかしい所もまま)

高松市八重垣遊廓 は香川県高松市東濱町にあって、讃予線高松駅から東へ約4丁の箇所にある。高松市は松平氏の旧城下で内海に望んだ玉藻城の眺めは、瀬戸内海航行者をひどく喜ばせるものの一つである。高松で名所は栗林公園と屋島である。殊に屋島は風光がよく四国第一と言われている。壇の浦は、那須与一扇の的でお馴染みであろう。所謂源平壇の浦の古戦場で平家の全滅した所であるこの遊廓は明治元年の頃に創立されたもので、貸座敷は目下三十四軒であって、娼妓は全部居稼ぎ制である。遊興は時間割または仕切花制で、費用は、一時間遊びが一円五十銭、 全昼が八円、全夜一泊も八円で、税は一割である。代の物は付かない。二枚鑑札の女が居るので、芸妓は居ない。妓楼は、幸松楼、晩松楼、松竹、久富、松久、旭楼、新月、久栄楼、末廣、松一、松の家、橋本楼、新入船、国米楼、初日亭、松ヶ枝、芳山、敷島楼、菊水、東楼、竹の家、香月、一の谷、三亀、岩喜楼、島羽家、松鶴楼、福富、開勢楼、花の家、玉の家、新幸楼、大和、一力、等である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA