青森県野辺地:野辺地遊郭1「全国遊廓案内から引用」


野辺地遊廓は青森県上北郡野辺地町にあって、東北本線野辺地駅で下車すれば北へ3丁の地点にあたっている。乗合自動車の便があって、金沢山口屋前で下車すればよい。
この町は陸奥湾に面した港町で、明治維新前までは、南部藩唯一の港だったので、町も繁華でこの方面の盛り場も非常な殷賑を極めたものであるが、明治43年に現在の箇所へ移転して遊廓となってからは、幾分寂れた感じがある。宿場として散在していた常時には12,3軒あったものが、現在では9軒に減っている。娼妓は全部で30人いるが、青森および秋田方面の女が多い。入り江の波は静かで人々は純朴であるから、都会人の避暑地にはよい所である。ここの遊廓はだいたいが東京式で居稼ぎ制、もちろん廻し制を採っている。店丈は写真制を廃して陰店で客を呼んでいる。お定まりは3円20銭で甲も乙もない。従って本部屋も無い訳である。お定まりにはお銚子1本に小物が付くけれども、それ以上は別勘定になる。税は遊興費の1割。貸座敷に芸妓も呼べるが、1時間目は1円で、2時間目からは80銭あての割である。
民謡「十府のすが薦、織るなら広く 主とふたりで すわるよに」
妓楼は、大万楼、旭楼、恵比寿楼、満月楼、柏楼、大黒楼、霞月楼、来盛楼、いろは楼等である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA